妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

今日(11月12日)は私の誕生日でした( `ー´)ノ 

こんばんは、伊藤零一です。

本日は私の誕生日でした。子どもを私の両親に任せ、妻と二人で洒落た店に行き、ディナーを頂いてきました。

その時に、手紙を頂きました。

f:id:itou-zeroichi:20161112232608j:plain

中身は流石に見せられませんが、とても温かい内容と、妻の葛藤が書かれている手紙でした。葛藤とは、以前に記事として書いた事です。

www.zeroichi01.xyz

本当に言って良かったのか?私が父親としてやる気が無くなったらどうしよう?でも、子どもと仲良くなって欲しいし…。と言う葛藤が手紙には書かれており、妻にもかなりの負担をかけさせてしまっていたのだな…と思いました。

子どもは二人で見る。

怠けてはいられません。子どもは素直です。私の怠けた姿を見ても、子どもは私に興味を持ってくれていたので今のように上手くいったのだと思ってます。もしも、妻に言われないでそのまま時間が流れ、気づいた時には私に興味が無かった。そんな風になっていたら…。本当の父親としての人生(?)は終わっていたかもしれません(-_-;)

 

子どもと仲良くできるのも、妻と仲良くいれるのも、妻がこうして私や子どもをよく見てくれているからなんだな、と改めて思い…感謝しました。

 

サプライズ?

弟が私にプレゼントを持ってきてくれていました。弟は私の実家から離れたところに住んでいたのですが、わざわざ来てくれてマフラーをくれました。

f:id:itou-zeroichi:20161112232614j:plain

カシミア100%のマフラーって…これめっさ高いんじゃないの!?と弟に聞いたら「いや、そんなに高くないけど。」と一蹴。(笑)

兄貴は黒ばっかり着るから白でアクセントつけろと言う事でした…(-_-;)

帰り際に、「おめでとう」と祝ってくれました。

本当に良い弟を持ったものです。6歳離れているのですが、兄思いと言うか何というか…口では冷たい感じで物事を語るのに、凄くあったかい弟です。そんな弟を持てて、誇りに思っておりますm(__)m

御礼

家族皆で祝ってくれました。また、フェイスブックでも皆さまからお祝いのコメントも頂きまして、感謝です。

 

周りには良い人ばかりです。私は幸せ者です。泣きそうですm(__)m

 

今日は泣きそうなのでこれくらいで、失礼しましたm(__)m