妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

虐待をする母親、父親、。虐待をされる子どもについて考える。

こんばんは、伊藤零一です。

本日は…真面目に考えていこうと思います。

 

虐待をする親。される子ども。

私は虐待をされたことはありません。虐待とは…

虐待(ぎゃくたい、英:abuse, maltreatment)とは、むごい扱いをすること。繰り返しあるいは習慣的に、暴力をふるったり、冷酷・冷淡な接し方をすること。

具体的な内容は様々で、肉体的暴力をふるったり、言葉による暴力をふるったり(暴言を浴びせたり、侮辱したり)、いやがらせをしたり、無視をする、等々の行為を繰り返し行うことを言う。

ウィキペディアより引用)

この他に、夫が妻を、高齢になった親を息子・娘が。上司が部下をなど色々なパターンがあります。

ここでは、親が子どもに虐待をする事について焦点を当てていきたいと思います。

 

知らなかったのですが、言葉による暴力も虐待に含まれておりますね…。という事は、私も虐待された事があります。何をしても褒められず、生きている価値を認めて貰えない事や、罵倒。簡単な例ですが、100点満点のテストで100点を取っても「できて当たり前」「出来ないわけがない」と言うプレッシャーしかかけられない親の下で生きてきました(今の親は本当に丸くなり、昔の厳しかった人が嘘のようですが…)。

 

インターネットでニュースを見ていると、虐待はよく取り上げられるニュースの一つになっておりますね。

子どもを(言い方を悪くして)病院送りにするまで殴る、火であぶる、投げ飛ばす、家から追い出す。理性の範疇ではないと思われますが、頻繁に行われているように見えてしまいます。

何故虐待は起きるのか。

歴史は繰り返すと言いますが、虐待が起こる一つの理由に、自分が虐待をされていた・もしくはまだされているからという理由があるそうです。

したくない!するわけないよー。と、自分では思っているのに気づいたら自分の手が子どもの体に強く当たっている。止められなくなるそうです。

むしろ、狙って暴力を振るう親もいるようです。

何でこんな事を言えるのか、という事ですが…。私のお友達に虐待を受けてきた方が居て、その方に涙ながらに相談を受けたからです。

体験談

その方は昔から付き合いのある方で、私は相談役。とてもきれいな方で、賢く、彼氏さんもとても良い人です(実際会ったこともありますが、本当に良い彼氏さんです。因みにこのお二人はもう結婚しましたが)。

そんな方が、「不安があるけど彼には言えない」(当時はまだ結婚していないので彼氏としております)と言う相談を頂いたのです。

 

その方は、酷く暴力を受けておりました。幼少期に母親からかなりの暴力を受けて育ったようで、思春期になるとお互いに殴り合いをし、今では母親に対して普通に接することができたと言っていたのです。なんだ、それなら良いじゃないのか?とも思えるような話ではありますが、問題はここからです。

たまたま見たテレビで、虐待を受けた子どもが子どもを授かった時、虐待を繰り返す事を伝えるドキュメント番組がやっていたという事でした。

その番組を見て、震えが止まらなくなったそうです。自分も子どもを産んだら…どうなるんだろう?と言う不安に、急激な恐れが生まれてしまい、私を呼び出したという事でした。

 

私は臆病です。話を聞いて、私ではなく虐待に関して相談を行っている機関を利用すべきだと…。冷たいですかね(-_-;)

しかし、素人の私が偉そうにこうしよう!と言って何が役に立つでしょうか。今では医療系の仕事に就かせてもらい、そのための知識は持ち合わせましたが虐待については別です。でも、とりあえず話を聞くことでその方を落ち着かせ…冷静に考えられるようになれば良いなと思って色々と聞きました。過去のことから今の不安、どうしたいのか?等…何時間話したでしょうか。某ハンバーガーショップ、某喫茶店へ行き、公園に行き、場面を変えて聞きこみました。

 

私の出した結論。

その方には冗談を交えながら、再三プロに聞け!と言いました。でも、話を聞いた中で思った事があったのでそれを結論として伝えました。

虐待があってそんな育て方しか知らない不安、怖い。叩いたら、傷つけたらどうしよう。が、強くありました。ですので、

「育て方が分からないなら人の育て方を知って学んでいこう。叩いたら、傷つけたらどうしようと思うなら、叩かない、傷つけないでいく方法を様々な角度から学んでいくしかないんだ。分からないから怖いし、不安になる。虐待とは何なのか?そして、叩かないで、でも子どもを育てるにはどうしたら良いのか?勉強しましょう」と偉そうに言いました。

そしたら、何時間も話して夜になっていたのにも関わらず大きな本屋に行き、二人で虐待の本、育児の本を読みながらまた話して…と、半日くらいはずっとそんな話をしておりました。

 

その方は、今は子どもを授かり、無事に産まれ…一生懸命育てています。

そろそろ1歳になるそうですが、叩いたーと連絡は無いので上手くやっているみたいです。

 

虐待はいつ、誰が誰に虐待をするのかは分かりません。油断をすれば、私も言葉で虐待をするかもしれません。

なので、私は色々な方の本やブログ等を見て学び、どう対応したらよいのか?そもそも子どもとは?

成長過程で起こる子どもの出来事を知って予習しておいたり自分の想像以上の事が起きても慌てない心構えを持ちたい、持てれば良いなぁ…と思っておりますm(__)m

虐待は悪い事です。でも、無くなりません。なんで無くならないのか?私は、知識をつける事、自分の子どもを知る事によって虐待しないように、注意していきたいと思っております。

…理想と知識だけでできるような事ではありませんけどね。子育ては本当に大変。でも、子どもって…愛おしいですから。

 

大切にしようと、思います。

 

長くなってしまいました(-_-;)

最後までお読み下さいまして、有難うございました。