妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

妻の逆鱗に触れた瞬間。 私→逃げる?諭す?それとも…

こんばんは、伊藤零一です。

 

本日は題名の通り、

妻の怒りの頂点を見た。

 

妻は子育て奮闘しておりますが、それを手伝っているフリをして悪い方向にもっていこうとする存在がいます。

それは、実の父親です(ショッキングな話ですが…)。

妻から聞くところによると

  1. 子どもに危険な物を平気で持たせる。→大丈夫だ!と言って聞かない
  2. 勝手に外に連れて行って、案外交通量の多い(トラックも走る)所へ無断で連れていく。
  3. 妻の見えないところで子どもに1,2のような出来事をする。

前々からあったのですが、面倒を見てくれる点に関しては良いと思われますが、行き過ぎた行動には頭を抱えておりました。

そしてついに今日、妻の逆鱗に触れてしまいました。子どもが泣いて騒ぐものだから、父親が夜に外へ連れ出そうとしたのです。

 

聞いたことのない妻の叫び声(-_-;)

子どももびっくり仰天(-_-;)

流石の父親も申し訳ない気持ちになるかなー?と思いましたが笑っていたため、妻の怒りボルテージが上がり、妻の平手打ちを二回ほど見ました。

 

…私も受けたことのない平手打ちです。良い音してたなー…(苦笑)

 

流石に父親も逆上はせず、逃げ出した様子でしたが…。何度も何度も繰り返して同じことをするため、反省はしてくれないのですよね。

 

先ほどまで妻と話しておりました。妻には、ストレスを感じたり何か良いことがあった時も書き留めておくように、言っておりました。そして、書いたら見せて貰ってます。

 

ストレスは溜め込むのが一番よくありません。日記のようなものを書くことで少しでもストレスを共有できればと思い、書いて貰っていたのです。

今日も書くとは言っておりましたが…問題点は多く出てきそうです。

私も、妻に一日の出来事を伝えていて、お互いに共有することで少しでもストレスの緩和に繋げられたらと思って続けております。

 

内容は言えませんが、その書き留めたノートは膨大であり、読むのも大変でした。しかし、結果として見えてきたのが実の父親の対する怒りです。妻は本当にストレスを感じていたようで、文字が荒く、読みにくい所もありました。ただ、書いている内に段々と落ち着いた字になってきています。書くことで少し落ち着いたようですね。

 

妻と父親には、色々と確執があります。が、それ以上に父親の…そうですね。子ども帰りとは言いませんが、悪く言ってしまいますが「幼稚さ」があると思います。まるで子どものように私の妻を困らせ、そして妻が怒ると急に父親に戻って逆上する事が度々起きている事が記されておりました。

 

実の父と、娘でこうなってしまう。私では手が出しにくく、早く家が建たないかなーと思ってしまいます(-_-;)

 

なんだかすいません、愚痴になってしまいました。

今日はこの辺で失礼します。有難うございましたm(__)m