妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

妻との接し方

こんばんは、伊藤零一です。

 

つい先日、読者になって下さった方のブログを読みに行きました。

(こんな事を書いて良いのか分からないので、具体的には書きませんが…)

やはり子どもを育てるという事は難しく、悩むことが多いです。しつけの記事も書きましたが、やり過ぎると受け身になってしまう、やらなければ社会のマナーが分からなくなる…色々考えてしまいますよね。

自分の尺度で物事を判断することが正しいのか?とふと考えた時に、妻の偉大さに気づきましたのでここで書かせて貰おうかと思います。

 

妻は、とにかく広い心を持っています。特に子どもに関しては、何でも経験!やってしまったらしょうがない!危ないことは怒る!危なくない事ならやらせる!というタイプです。

私は危険じゃないかなーと思ったら、途中で辞めさせようとしてしまいます。でも、妻は大丈夫だからと子どもを見守ります。放置ではなく、見守りですね。

 

お陰で、子どもは色々な事を覚えたようです。私が仕事から帰ってくると、昨日の子どもとはまた違う進化?を遂げて私を迎え入れてくれるような感じですね。正直驚きます(笑)

 

妻もまた、子どもと共に成長しているように感じました。忍耐力も発想力もついてきたと思います。妻が子どもと一緒に絵を書いたりするのですが、二人とも絵の才能があるのか、独創的であり、楽し気な絵を書きます。二人の成長を見せつけられると、ただただ仕事の行き来をしているだけの私は取り残されているような感じもありますね。

 

妻は本当にすごい。尊敬します。子どものために色々な料理を考えて作る点も、新しい遊び方を考える才能もあるようです(たまには私の料理も考えて欲しいものですが…、ここは子どもに譲りますm(__)m)

 

そんな妻も、ストレスが無いわけではありません。(以前書いた、祖父との対立がありますので)色々と愚痴を言いたいようです。

そんな時に、「仕事で疲れてるから」とは絶対に言いません。夜中まで聞きます。肩が痛い、首が痛いと訴えることもあるので、マッサージをしたりもします。

別に良い夫を偉そうに言っているわけじゃないんです。どうも男性の中に、「子どもの面倒を妻が見るのは当たり前、俺は仕事で疲れてるんだから尽くすのが当たり前」と古い時代の考え方を持っている人が多い気がするのです。

良くないですよね。子どもは二人で作り上げた奇跡の産物ですから、仕事をしてても面倒を見るべきだと私は思ってますし、そんな子どもを一日面倒見てくれている妻ですから、妻に対して大事に接する事を忘れてはいけないと思うんですよね。

さらば亭主関白。いらっしゃいませ尻に敷かれた男性達。

自分達の宝物を面倒見てくれている人達を、尊敬しましょう!←これが言いたかった。

 

回りくどい文章しか書けないですね。何とかびしっと起承転結ができていれば良いのですが、まだまだ修行が足りませんね。

 

今日はこのくらいで、最後までお読みくださいまして有難うございましたm(__)m