妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

国の法律・制度、医療制度を私視点(医療者側)から見る (番外編)

こんばんは、伊藤零一です。

先に注意書きです。

私の私的な意見を今からずらーーーっと書きますが、あくまで私の視点です。こうなったら世の中が良くなる!!とか、やれよ政府!!とかそんなことは一切思っておりません。あくまで個人の感想としてご覧ください。

 

1億総活躍社会の実現に向けて

可能な限り「余裕のある社会」を作らなくてはなりません。医療側から見ていると、患者様のご家族は多かれ少なかれ「患者様」となられた方を引き取る(家で面倒を見ようとする)場合、かなりの不安を抱えます。

介護保険、今後の生活の改善、身体の障碍により家の改築が必要になる、などなど色々な項目が一気に降りかかります。しかも最近の病院は医療制度の改正により早期退院をさせます(病院にもよりますが急性期病院では確実に)。

 

こんな余裕の無い中でみんな仕事しようぜ!!と、なるでしょうか?

更に言えば介護保険の認定も厳しくなってきておりますので(これも市町村の負担になるので)、一筋縄ではいきませんね。

 

一方で、子どもを預ける場所が無いため待機児童と呼ばれる集団が生まれますが、実は老人ホームや特別養護老人ホーム、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)も空きがない、条件が厳しいなどで待機児童ならぬ待機高齢者もおります。

上の年代から下の年代まで、待機している方々がいます。この待機人口を何とかしなければ余裕は出てこないと考えております。

あくまで医療側&子どもがいる立場ですよね、私の意見は。私とは違う考えの方も沢山いると思われます。

 

問題は山積みだと考えております。多くは語りませんが、雇用形態の問題、私もそうでしたが、、引きこもりの問題もあります。所得格差もありますよね。

 

人を働かせたいならば、安心して働ける環境づくりが必要ですね。言うのは簡単ですが、行うことは難しい。

 

今はやっている?のは保育園と幼稚園の合体ですよね。なんとも合理的ですが、幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省の管轄ですから案外難しいんですよね。

いっそのこと、保育園と老人ホームを一体型にするのはどうでしょうか。どちらも厚生労働省ですし何とかなるのでは?と思うのですがちょっと無茶ですね。失礼しました。

 

…と、色々自分勝手に話をしてきました。何が言いたいか、働きたくても働けない人達の声を聴いてくれ!!が発端です。

家族介護は本当に大変です。自宅で子どもを見ることだって大変です。仕事がしたいのにできない人の声に耳を傾けて欲しいなと切実に思っております。

 

すみません、持論でしたがこれくらいにさせて頂きます。最後までお読みくださいまして、有難うございましたm(__)m