妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

保育園に入れる?入れない?

こんばんは、伊藤零一です。

早速ですが、

保育園ってどうですか?

今現在は妻が仕事を辞めたため、妻が子どもを面倒見てくれています。祖父母は前の記事で書かせて頂いた通り、どうも妻と考え方や子育て方法が分からず妻にはストレスになっているようでして…。

 

保育園に入れるかどうか迷っております。

妻も復職して働きたいと言っておりますし(私は働く、子どもを見るどちらでも大丈夫と伝えてあります)、そうなると保育園かなと(祖父母は…なので。申し訳ないですが…。)

 

保育園について考える前に

今子どもは1歳5か月になりましたが、それまで妻が毎日面倒を見てくれていました。本当に感謝しております。そして、子どもにとっても凄く良かったと思いました。

産まれてすぐに、妻も子どももひん死の状態であり、ここまで回復してきたのは奇跡的でした。それもあって、二人の間には愛情以上の関係と言いますか…。苦痛を乗り越えてきた同志と言っても過言ではありません。

 

そんな子をすぐに手放せなかった(妻の視力の問題もありましたが…)のもあり、毎日24時間ずーっと子どもに愛情を降り注いできたのは驚異的ですね。目が見えない状況であっても子どもの事に敏感になり、泣いたらすぐに対策を考え、行動できる人でした。分からない事は私や祖父母に確認して対処したり、泣き声で判断して対処する方法をとる等行動力がありました(それはもう出産前の時以上に動いていたと思います。)

こ、これが母親になると言う事か。と、感じた点でもあります。

 

1年5か月の歳月一緒に居れたことで、親子の絆が強くなった気がします。私の主観ですけども、確実に。

 

話を戻しまして、保育園ですが…最近の保育園は本当に様々な形態がありますね。昔からあったのでしょうか?24時間保育とか、夜専門とか?幼稚園のような保育園とか。あらゆる教育を受けさせる保育園もありますよね。なんだか凄いぜ保育園!!

しかし一方で保育士さんの給料は安すぎますね。私は子どもを預けている保育園にはもう少しお国から税制に関する優遇や、保育士さん達に対する優遇も勿論のこと、手段を尽くして保育士さんを守らないといけないと思っています。例え自分の税金が上がったとしても。

「1億総活躍社会」でしたか。実現させるためには、「子どもを安心して預けられる施設」、「高齢者を安全に預けられる施設」、「身体や精神的、その他の障碍(しょうがい)を持たれている方を安全に預けられる施設」などが必要と考えております。働くためには、余裕が無ければ無理です。金銭的な余裕ではなく、精神的な余裕です。

 

保育士さんや、介護士さんには頭が下がります。私も、精一杯できる事を医療現場で尽くすのみですが…。さて、保育園の話はどこにいったのかな?

 

…最後までお読みくださいまして、有難うございました!(逃げるように去る。)

 

失礼しましたm(__)m