妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

子どもと接する時に大切にしていること(前回の題名のまま)

こんばんは、伊藤零一です。

前回の題名のままスタートです。

いやー、なんでって…まさかの題名の内容の記事を書いていないから!!(ばばーん‼)

 

んなアホな(笑)

 

失礼しました。

題名詐欺の伊藤零一です。感情の赴くままにブログを書かせて貰っています。

私事ですが、読者様がついて下さっておりました。

なんという事か!有難うございますm(__)m

頑張って毎日更新していきますので、よろしくお願いします。

 

さて、本題ですが…。

 

私が子どもと接する時

私が子どもと接する時は、危険だと思われることも「監視付き」でまずやらせてみる事をしております。

何事も経験ですよね。

水たまりが気になって近づくなら、私が傍にいて遊ばせる。転んで泣いても大きなケガをしないように万全の態勢で。

公園に行くと、歩きたがったり他の子どもの所に行こうとするので、制止は極力せずやらせてみます。最終的には私が走って子どもを止めるわけですが…。

 

最初は、「水たまりに行ったら水を触って手が汚くなる、細菌がいるかもしれないから近づけない!」とか、「公園で歩いて行ったら他の子に蹴飛ばされるかも、迷惑かけるかも…。」と消極的に考え、いかないように抱っこをしたり離れて遊ばせたりしていました。

 

でも、楽しくないですよね。きっと。

私も相当わんぱくで、暴れまわっていたらしいのです。自分の子どもがわんぱくじゃないわけないですよね。

なので、今は極力子どもの行動を否定せず、「とりあえずやらせてみる」精神で色々とチャレンジして貰ってます。

勿論、ただやってみろーではなく、ついて回ります。

なかなか大変ですね、自分が考えているようには動かず、子どもの発想力で動き回りますので…。疲れます。しかし、子どもは何となく楽しそうに見えます。

 

楽しそうに見えるのは私の見方ですけれども、子どもが色々な経験が出来ているような気もするし、疲れてぐっすり寝てくれれば私の睡眠もとれますので助かります(笑)

 

結局何を大切にしているのか?

相変わらずまとまりのない話になりました。

大切にしている事は、子どもになるべく制限をかけない事です(わがままは厳禁)

遊ぶ時に遊ぶ、食べる時は食べる、寝る時は寝る。ちゃんと切り替えをしてくれとまでは言いませんが、今から少しずつ切り替えられるように、こちらから切り替えてあげられたら良いのかなと思っております。

最近子どもは妻に甘えっぱなしで私の所にはなかなか来なくなりましたが…。遠目で見ながら子どもを成長させてあげたいなと思っております。

 

我々も抑制されっぱなしでは生きていけませんし、命令が無いと動けない、何をして良いのか分からないでは困りますものね…。私は、指示が無いと動けないだめ社会人ですが(笑)

 

今日はここまで、最後までお読みくださいまして有難うございましたm(__)m