妻と子と私の生きる道。節約生活!

初めまして、伊藤零一と言います。 自分の趣味や家族について書かせて貰っています。どうぞよろしくお願いします。 メールアドレス:afiyu_ki1983sono1@yahoo.co.jp

日々の経験。

こんばんは、伊藤零一です。

 

思い立ったら書くことにしたのですが、不定期でよろしくない。

しかし、これが自分か。と、自分を見つめ直しております。

 

今日は、ふと思った日々の経験です。

つい先日の夕食を、外食にしようという話になり、子どもを私の祖父母に預けてご飯を食べに行ったのですが。。。

 

外食って高いですね。(笑)

 

一週間に必要な食糧を買い、お金を使いますよね。仮に1週間7千円くらいの食費を使っているとしましょう。

外食って、一日のたった1食分で(二人分で)4000~5000円とか持っていく場合もあるんですよね…。

 

このブログは、節約生活!と最後に書いてありますが、私は浪費家です。節約なんてできません。

しかし、思ったのです。外食の回数を減らせばそれだけでも節約になると…。妻が料理を作りたくない、たまには外で食べたいという時は…。

 

私が作れば良いのです!(ドドーン。

 

そう思いました。簡単な事ではありませんが…。しかし、妻に相談したらかなり乗り気でした。多分、あまり料理を作らない私が急に料理するよ!!って言いだしたからでしょうね、うん。(笑)

 

皆様はどうやって節約しておりますか?ちょっとしたことが節約になるらしいのですが、私には皆目見当がつきません。良かったら教えて下さいませm(__)m

 

失礼しました。またどうぞ着てみて下さい。

取り急ぎ?

 

こんばんは、伊藤零一です。

 

とりあえず?取り急ぎ?ですが…。

山形県の、上山温泉に行ってきた(かみのやま)ので、写真をUP!

 f:id:itou-zeroichi:20170619221612j:plain

何故か一番最初に「高橋フルーツランド」さんの写真が出てきてしまいました…。色々な果物がなってて食べ放題なのですが、今はサクランボですね!

f:id:itou-zeroichi:20170619221823j:plain

もう少し赤いのもありましたね…品種は説明して貰ったのに忘れてしまいました(-_-;)

凄く甘くて美味しいサクランボばかりでした。

f:id:itou-zeroichi:20170619222104j:plain

ここは泊まった旅館の喫茶店のような所です。「時代屋」と言う旅館に泊まりましたが…とても良かった!

saikatei-jidaiya.jp

旅館の方がとても良い方で。2歳の子どもにも目をかけて頂いて沢山話もして貰って。対応も良いし素敵な人達ばかりでした。また行きたい。

f:id:itou-zeroichi:20170619222555j:plain

このお風呂はなんと部屋についている露天風呂です。勿論温泉で、ヒノキ風呂となっておりますm(__)m

f:id:itou-zeroichi:20170619222834j:plain

コースによりますが、山形牛がセットになっているものもあります。美味しいです。

 

とりあえず今日はこれくらいに…長旅で疲れました(-_-;)

失礼しましたm(__)m

子どもの成長とは。

こんばんは、伊藤零一です。

 

子どもの成長と言うのは凄いですね。と、毎回言っている気がしないでもありませんが…。

どうしてもついていけてないです、子どもに。私が置いて行かれているような感覚を覚えてしまいますね。

最近は徐々に反抗の仕方を覚えていき、顔を叩く事や蹴る、踏む等の行為を妻や祖父母、私にしてきます。物凄く痛いです(笑)

妻が怒って一喝すると泣きだしますが、凝りません。謝りなさいと言っても「ヤダ!」「いーの!」と言ってききません。困ったものですが、成長過程ですね。

つい先日、子どもの髪の毛をバッサリ切りました。それはもうバッサリと。

バリカンの音を聞くとすぐに「コワイ!コワイ!」言い、泣きだします。首を振って抵抗もしますが、夏を前にガンガン剃りました。

10分以上攻防が続いて剃り終わった時には子どもの体が震えており、本当に良かったのだろうかと苦悩しました…。

でも、髪の毛が長すぎて頭が暑くなるよりは良いだろうと勝手に解釈し、自分自身を納得させている次第です(-_-;)

 

目まぐるしく日々生きていく中で、子どもは成長していっている。それを見る事が出来る自分は幸せだなーと感じました。そして、おっさんになったな…と思いました(笑)

 

私自身の勝手な解釈ですが、子ども達は「今」を生きています。そして一日一日を大切に過ごしているように見えます。私は「明日から頑張る」とか「次やれば良いか」と思いがちです。子どものように、一日を精一杯生きているかどうか…。見習いたいなと思いました。

 

よくわからない文章ですが、読んで頂いて有難うございましたm(__)m

伊藤零一、一日一日を大切に生きていきたいと思います。